ラックスボタニカル(ボタニフィーク)の口コミと解析|洗浄力強めが印象的でした

ラックスボタニフィークの口コミと解析

ラックス(lux)のボタニカルシャンプー(ボタニフィーク)を買ってみましたので、口コミと解析を書いていきます。ボタニフィークには、バランスピュアとダメージリペアの2種類ありますが、今回は両方大人買いしちゃいました。

ボタニ編集部
ピンク色のダメージリペアの方が評価が高いから、ダメージリペアだけでもよかったんだけどね…

ラックスボタニフィークの口コミ、解析の時短記事

ボタニフィークの評価

洗浄力はやや強め

ボタニフィークの評価
成分      △
(2.0)
泡立ち     ◎
(4.5)
コスパ     △
(3.0)
香り      ◯
(4.0)
キシミ     ✕
(2.0)
解析評価    C+
(3.0)

ラックスのシャンプーといえば、比較的コスパが良いことで人気ですよね。でも、ラックスボタニカルシャンプー(ボタニフィーク)は、ラックスの中で比べると、コスパは悪い方だと感じました。

洗浄成分のメインは、ボタニフィークのバランスピュア(青色)、ダメージリペア(ピンク色)両方とも、「ラウレス硫酸Na」です。

ラックスボタニフィークで使われている「ラウレス硫酸Na」は、植物由来と記載されていますが、それでもやっぱりラウレス硫酸Naに変わりはないかと思いますので、気になるところです。

コカミドプロピルベタインで、ラウレル硫酸Naの刺激を少しは緩和していると思いますので、ラウレスメインのシャンプーと比べると、刺激は少ない方かと思われます。

ラウレス関連の成分に神経質の方には、おすすめしないかなぁ…といったところです。

簡単にまとめると

  • 洗浄成分はラウレス硫酸Na系
  • 洗浄力が高いので、敏感肌向けではない
  • 香りはそこそこ良いシャンプー
  • 今までラックスを使ってきた人にはおすすめ
ボタニ編集部
Amazonとか口コミサイトの評価が高かったんだけどなぁ…ちょっと個人的合わなかったなぁって感じのシャンプーでした。普段からラックスを使っている方にはおすすめかと思いますよ。

ボタニカルシャンプーランキング

【ラックスボタニフィークの口コミと解析】
1.洗浄成分のメインは「ラウレル硫酸Na」と「コカミドプロピルベタイン」

ラックスボタニフィークの成分解析

成分評価:B

ラックスボタニフィークのメインの洗浄成分は、「ラウレス硫酸Na」と「コカミドプロピルベタイン」安価なシャンプーにありがちな組み合わせです。

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、塩化Na、カニナバラ果実油、ハス花油、ダマスクバラ花エキス、ガリカバラ花エキス、ソケイ花エキス、アルガニアスピノサ核油、パルマローザ油、アンズ核油、ヤシ油、ハッカ葉油、アーモンド油、セリシン、アルギニン、酢酸トコフェロール、グリセリン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、ビサボロール、ペンチレングリコール、PPG-7、PEG-40水添ヒマシ油、トリデセス-9、クエン酸、乳酸、水酸化Na、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、ソルビン酸K、香料

※ Amazonの全成分より引用しています

ボタニフィーク洗浄成分
  1. ラウレス硫酸Na
  2. コカミドプロピルベタイン

ラックスボタニフィークの洗浄成分は、市販の安価なシャンプーでよく見る組み合わせですね。洗浄力が高めで、刺激もやや強めのラウレス硫酸Naをコカミドプロピルベタインでマイルドにするといった感じの構成です。

ラックスボタニフィークのAmazonの商品説明欄のところにラウレス硫酸Naについて、以下のようなことが書かれています。

ユニリーバでシャンプーに使用している洗浄成分(ラウレス硫酸Na)は植物由来です。

ラックスボタニフィークに配合されている「ラウレス硫酸Na」は、植物由来性だから、安全性が高いのか!刺激が少ないのか!と解釈されがちですが、ラウレス硫酸Naに変わりはありません。

ボタニ編集部
植物由来と言っても、洗浄力も高いし、刺激もある程度あります。お肌が敏感な方は、ちょっと気をつけたいところですよね。

ボタニカル成分(エキス関連)の成分はそこそこ優秀かと

ボタニフィークのエキス関連
  1. ダマスクバラ花エキス
  2. ガリカバラ花エキス
  3. ソケイ花エキス
ボタニフィークのオイル関連
  1. カニナバラ果実油
  2. ハス花油
  3. アルガニアスピノサ核油
  4. パルマローザ油
  5. アンズ核油
  6. ヤシ油
  7. ハッカ葉油
  8. アーモンド油

エキス関連はそこまで配合されていませんが、ボタニカルオイル成分が8種類配合されています。洗浄成分に関してはちょっとあれでしたが、ボタニカル成分は、悪くないと思います。

ボタニ編集部
多くもないし、少なくもないですね。値段相当って感じですね。

添加物は市販系シャンプーなのでそれなりに入っている

ラックスボタニフィークは、市販系のシャンプーになりますので、それなりに添加物は含まれています。ラックスボタニフィークの一応3つの無添加です。

シリコン(シャンプーのみ)、パラベン、合成着色料フリーの3つの無添加です。添加物関連のやその他の成分に関しても、安全性の高い成分で作られていますが、個人的に気になった成分が3つあります。

  • PPG-7(合成ポリマー)
  • 乳酸
  • 安息香酸Na
ボタニ編集部
乳酸やPPG-7(合成ポリマー)とかは、敏感肌向けではないので、記事の冒頭でも書いているけど、敏感肌の方には向いていないシャンプーかもしれません。

【ラックスボタニフィークの口コミと解析】
2.泡立ちはかなり優秀

ボタニフィーク泡立ち

泡立ち評価:A+

ラックスボタニフィークの泡立ちは、ラウレス硫酸Na系の洗浄成分なので、かなり泡立ちが良いです。

泡立ちは文句ないぐらいよかったです。アマゾンなどのラックスボタニフィークの口コミ、レビューを見てみても、泡立ちが悪い口コミはほとんどありませんでした。

ボタニ編集部
泡立ちに関しては、全く問題はないでしょう。私はゼミロングですが、2プッシュ程度でも、普通に気にならなく洗えました。

【ラックスボタニフィークの口コミと解析】
3.香りは優しく、そこそこ癒やしを感じられる

ボタニフィークの香り

香り評価:A+

ダメージリペア(フラワーブーケの香り)、バランスピュア(ハーバルリーフの香り)両方とも香りがよく、優しい香りです。気にいる方が多い感じでした。

ラックスのシャンプーといえば、やっぱり香りが良いって人多いのではないでしょうか?ボタニフィークの香りは、甘さもあって、お肌の香りもあって、優しい香りでした。

髪の毛にもしっかり匂いが残りますし、シャンプーをした後翌日もしっかり香りが残っていました。最近流行りのトップノート、ミドルノート、ラストノートで匂いが変化するようになっています。

ボタニ編集部
ラストノートの甘い系(バニラ)の香りがすんごいよかったです。ピンク色のダメージリペアの方が青色のバランスピュアより匂いがよかったです。

【ラックスボタニフィークの口コミと解析】
4.コスパはラックスの中ではちょっと悪いかも?

ボタニフィークのコスパ

コスパ評価:B

他のラックスのシャンプーと比べるとコスパはちょっと悪いかなぁって印象です。Amazonでの調査時の価格は、割引されて1,140円でした。

ラックスといえば、やっぱり「コスパが良いシャンプー」という人も意外と多いのではないでしょうか?ラックスボタニフィークは、他のラックスのシャンプーと比べるとコスパはやや悪く感じます。

ラックスはボタニフィーク以外にももう一つ「ルミニーク」というボタニカルシャンプーがあります。ルミニークは定価で998円で、1,000円切っています。

ボタニ編集部
定価でボタニフィークを買うのは、ちょっと高いかなぁって感じですね。定価で買うんだったら、「ボタニストの方が…」「クラフトボタニカルの方が…」って人、中にはいるかもしれません。

ラックスボタニフィークの口コミ、解析のまとめ

ラックスボタニフィーク解析評価

ちょっと辛口Bランク

まとめ

  • 洗浄成分のメインはラウレス硫酸Na
  • 洗浄力が強いので、敏感肌向きではない
  • エキス関連、オイル関連はそれなり
  • 泡立ち、香りはそこそこGOOD!

ボタニフィークの総評

普段ラックス使いならおすすめ


普段からラックスのシャンプーを愛用していて、ラウレル硫酸Na配合のシャンプーを使っても、問題ないよって方には、おすすめのボタニカルシャンプーかなと思います。敏感肌には向いていない感じがしますので、敏感肌の方には、おすすめできないかなといったところ。