ボタニカルシャンプーランキングを更新しました

ハゲになりたくなければ睡眠を見直すべし!質の良い睡眠を心がけよう

ハゲたくなければ睡眠の質をあげよう

皆さん、毎日しっかり寝れていますか?「今日はよく寝たぁ!今日1日頑張るぞ!」という日を、毎日送れているでしょうか?多くの方がきっとNO!と答えるはずです。

ボタニ編集部
本日は、ハゲと睡眠についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

今の睡眠に満足していない方がほとんど

アイリスプラザの「睡眠にどれくらい満足していますか?」のアンケート結果を見てみると、半分以上の方が「今の睡眠に満足していない」ことが分かります。

満足している方は、たったの「5.9%」しかいません。年々睡眠の質が低下している方が増えていると言われております。上記のアンケート結果は、2015年のものなので、近年ではもっと減っていることが予想されます。

ボタニ編集部
睡眠の質は非常に大事。そして、ハゲの方、ハゲになりたくない方は、もう死ぬほど大事になります。

髪の毛と睡眠との関係|質の良い睡眠をとると毛が生える理由

\質の良い睡眠で成長ホルモンアップ/

\質の良い睡眠で成長ホルモンアップ/

結論から先に言うと、「質の良い睡眠をとると髪の毛に良い」です。なぜ、睡眠の質を上げると髪の毛が成長するのかというと、「成長ホルモンの分泌量」が関係しています。

そもそも髪の毛の成長には、成長ホルモンは欠かせません。

成長ホルモンとは?

成長ホルモンとは、読んで時のごとく、体の成長の成長には欠かせなかったり、肌の修復などにも欠かせないホルモンです。

ボタニ編集部
成長ホルモンは、10代など若い年代の時は、分泌量が多いけど、加齢とともに分泌量は減っていきます。成長ホルモンの分泌を減らさないようにするのがポイントです。

成長ホルモンが、1番分泌されるのは睡眠中である

体の成長や修復には欠かせない成長ホルモンが分泌されるタイミングですが、「睡眠中が1番分泌される」と言われています。

睡眠中に成長ホルモンが分泌されると言っても、睡眠の質が低下すると、成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。

睡眠には、「ノンレム睡眠(深い眠り)」と「レム睡眠(浅い眠り)」があります。成長ホルモンが分泌されるのは、ノンレム睡眠の時です。

個人差がありますが、平均で90分間隔で、ノンレム睡眠、レム睡眠を交互に繰り返しています。極端な話になってしまいますが、睡眠の質が低下すると、深い眠りである、ノンレム睡眠の時間が短くなったりします。

睡眠の質が良い場合
  • ノンレム睡眠:90分
  • レム睡眠:90分
  • ノンレム睡眠:90分
  • 交互に繰り返す
睡眠の質が悪い場合
  • ノンレム睡眠:50分
  • レム睡眠:120分
  • ノンレム睡眠:60分
  • ノンレム睡眠が短くなる
ボタニ編集部
あくまでも例えですが、睡眠の質が悪くなると、深い眠りにつけずに、浅い眠りになります。ですので、成長ホルモンの分泌量が減ってしまうのです。

ハゲないための睡眠の質のアップ5箇条

1.運動不足なNG!軽い運動でも良いので始めよう

軽い運動

\ちょっとした運動をしよう/

現代人は運動不足と言われている時代ですので、運動不足になっている方も多いかと思います。社会人だと特に運動不足になりがち。

スポーツジムに通って運動したりするのが、理想と言えば理想ですが、そこまでガッツリ運動しなくても、軽い運動で睡眠の質はアップします。

「ちょっと疲れたなぁ…」程度ぐらいの運動でオッケイです。例えば、仕事終わりにちょこっとウォーキングなんでも良いですし、入浴後のストレッチなんかでもオッケイです。

ボタニ編集部
ちなみに私は、クビレ女子を目指しているので、お風呂上がりに腹筋、背筋をしておりまする…

2.日付が変わるまでにできるだけ寝ることを心掛けよう

日付が変わる前に

\23:59分までに就寝を/

0時を超えてから、就寝するって方多いのではないでしょうか?女性なら「お肌のゴールデンタイム」という言葉を一度は耳にしたことがあるかと思います。

お肌のゴールデンタイム=髪の毛のゴールデンタイムでもあります。ゴールデンタイムは、22時〜2時の間です。この時間帯のノンレム睡眠が1番いいとも言われております。

「0時になったし、そろそろ寝ようかな?」ではなく、「やばい!もう23時だ…ゴールデンタイムの間に寝るぞ!」このような感じで、日付が変わるまでに寝るようにしましょう。

3.入浴は早めに!就寝3時間前を目安に入ろう

就寝3時間前に

\入浴は早めに済まそう/

寝る直前にお風呂に入っているってことありませんか?お風呂に入って、体がポカポカ状態だと眠くなってきますし、お風呂から上がって、髪の毛を乾かさずに、寝落ちしていたなんてことよくありますよね。

人間は体温が下がってき始める時に眠気がやってきます。ですので、お風呂に入って体温を上げることは、睡眠の質には欠かせないことです。

しかし、体温が上がったまま就寝するのは、逆効果になってしまう場合があります。体温が下がるまで、少し時間がかかってしまいますので、就寝3時間前を目安に入浴するのがおすすめです。

ボタニ編集部
私の場合ですと、23時30分就寝を心がているので、20時には必ずお風呂に入っています。多少前後しますが、最低21時までには入っています。

4.寝る前のスマホ、テレビ、パソコンは控えよう

寝る前スマホ禁止

\就寝1時間前からスマホ禁止令を/

寝る直前まで、スマホ、テレビ、パソコンの光を浴びていると、脳が「まだ朝かな?夜じゃないよね?」と勘違いをしてしまいます。動画やテレビなどの内容によっては、脳が興奮状態になることも。

また、画面のブルーライトによって、寝付きが悪くなったり、浅い眠りになってしまうこともあります。度が過ぎていると、最悪睡眠障害になってしまうことも…

理想は1時間前は、スマホなどの画面を見ないのが理想ですが、今の時代は難しいかと思いますので、30分前はスマホなどの画面から離れるようにしていきましょう。

ボタニ編集部
スマホが大好きで、スマホを見ないと逆に眠れないって方は、ブルーライトカットフィルム、ブルーライトカットメガネなんかで対応すると、少しですが、マシになります。

5.寝る前のタバコ、アルコールはほどほどにしよう

寝る前のお酒タバコはNG

\寝る前のお酒、タバコは質が低下します/

「夜眠れないから、お酒を飲んで寝る(寝酒)」「寝る前にタバコ1本吸って寝よう…」なんてことしてはいないでしょうか?

タバコはもちろん、ニコチン作用によって、脳が覚醒状態になります。アルコールは、利尿作用がありますので、夜間に排尿に起きる(中途覚醒)、朝いつもより早く起きる(早期覚醒)の原因にもなります。

適度なアルコールは、ストレス解消になったり、メリットがありますが、タバコはデメリットばっかりです。就寝3時間前は、禁酒、禁煙をするように!

ハゲないための睡眠の質をアップしようのまとめ

この記事のまとめ

  • 睡眠は髪の毛にとって非常に大事なこと
  • 髪の毛の成長は成長ホルモンが関係している
  • 適度な運動をしよう
  • 寝る直前までスマホを見ない
  • 入浴は就寝3時間前までに
  • 寝る前の喫煙、飲酒はほどほどに